とあるライフ

ある男子のライフマガジン、料理やスポーツにファッションなど

パナソニック『ビストロ スチームオーブンレンジ 26L/NE-JBS652-K』購入、選んだ理由と開封レビュー

      2016/03/06

 炊飯器に冷蔵庫と揃えたら、次は電子レンジです。

 今回パナソニックのスチームオーブンレンジ「NE-JBS652-K」を購入したので開封レビューをしたいと思います。

NE-JBS652-K-1

スポンサーリンク

『ビストロ スチームオーブンレンジ 26L/NE-JBS652-K』購入レビュー

 パナソニックの”ビストロ”シリーズはシャープの”ヘルシオ”とともに高額ながら価格コムのランキングで上位に位置する人気スチームオーブンレンジです。

ビストロの26Lを選んだ理由

bistro-1

 はじめに1人暮らしで使うことを考えると容量は26Lを考えていました。

 そしてビストロは元々30Lの「NE-BS1200」を利用していたので使い勝手を知っているということもありますが、ライバルとなるヘルシオの26L「AX-MP200」(製品ページへ)も魅力的でした。

 そこで比べたのは自動メニューと液晶画面、奥行きで次のような違いがありました。

  • パナソニックの『NE-JBS652』は自動メニュー163種類/カラータッチ液晶/奥行き40cm。
  • シャープの「AX-MP200」は自動メニュー122種類/ホワイトバックライト液晶/奥行き43.5cm。

 限られたスペースを有効に使わないといけないキッチンで奥行きは重要な項目です。またカラータッチ液晶になれている身としてはホワイトバックライト液晶に抵抗を感じました。

 とはいえ、ヘルシオにも魅力がありました。

healsio-1

 角皿に異なる食材を載せて調理できる機能です。ビストロでは角皿(上段)+ガラスボール(下段)という形で同じようなことができるのですが角皿1枚でこなせるというのは洗い物が減って時短に繋がると思いました。

 しかし、それ以上に奥行きは重要だったので40cmとコンパクトな『NE-JBS652』にしました。

『NE-JBS652-K』開封レビュー

 そんなこんなで購入した『NE-JBS652-K』が届きました。

Panasonic_NE-JBS652-K_review_3105

 コンパクトモデルでも、近くで見ると大きいですね。

Panasonic_NE-JBS652-K_review_3108

 製品の取り出し方に従わないと発泡スチロールが引っかかり抜けないので確認して慎重に。

Panasonic_NE-JBS652-K_review_3109

 以前購入した「arrows M02」(タブクルのarrows M02記事一覧へ)を載せてサイズ感を確認。

Panasonic_NE-JBS652-K_review_3111

 透明ビニールが巻かれていました。

Panasonic_NE-JBS652-K_review_3113

 グッドデザイン賞も納得の高級感、使い倒したい!

Panasonic_NE-JBS652-K_review_3114

 蓋を開けると中に何かが、、、。

Panasonic_NE-JBS652-K_review_3116

 角皿でした。30Lモデルは3枚ほどあったように記憶していますが26L『NE-JBS652』は1枚でした。実際30Lでも1枚しか使っておらずレンジの上に置きっぱなしだったので全く問題ありません。

Panasonic_NE-JBS652-K_review_3120

 CookBookが同梱されていました。これを参考に色々と料理を作っていきます。

設置してみた

Panasonic_NE-JBS652-K_review_3127

 前回購入した炊飯器を並べて2x4で造った棚に載せてみました。奥行きも40cmでピッタリ。

Panasonic_NE-JBS652-K_review_3131

 基本機能は今まで使っていた最上位モデルと変わりません。

 上手く使って時短できるよう励みたいと思います。

購入したNE-JBS652-K

パナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 26L 豊穣ブラック NE-JBS652-K

パナソニック ビストロ スチームオーブンレンジ 26L 豊穣ブラック NE-JBS652-K
パナソニック(Panasonic)
価格: 59,179

 レビュー2件(2016/03/06現在)

 



 

 NE-JBS652の製品ページ

 - 購入レビュー