とあるライフ

ある男子のライフマガジン、料理やスポーツにファッションなど

シャープ製350L冷蔵庫『SJ-WA35B-S/どっちもドア』購入、選んだ理由と設置レビュー

      2016/03/05

 1人暮らしには大きいのではという声も聞こえそうな容量350Lの冷蔵庫『SJ-WA35B-S』を購入しました。選んだ理由と実際に届いてからの感想を記録します。

SJ-WA35B-S

スポンサーリンク

シャープ製350L冷蔵庫『SJ-WA35B-S』購入レビュー

 前回の炊飯器と同じく冷蔵庫も急を要しますが、生活の軸にもなる家電なので慎重に探しました。なぜ数ある冷蔵庫から『SJ-WA35B-S』を選んだのか、それは次のような理由でした。

  • 左右から開けられる「どっちもドア」が欲しかった。
  • 350L前後のサイズでは他を圧倒するほど低価格だから。
  • 利用頻度が高いであろう冷凍室が中央。
  • 野菜室が別に用意されている。

 タブクルでガジェットを購入するときみたいにレビューを見て回れるほど冷蔵庫は購入者が少なく、かつ写真を撮って公開までする消費者というのは更に少なくて、購入前の調査は困難を極めました。そこで冷蔵庫の製品レビューではなく冷蔵庫のサイズについて調べました。

小さい冷蔵庫は安いが、、、

 何度も小さい冷蔵庫で十分じゃないかと思いましたが、深刻な「霜問題」があるようです。ある程度のサイズになると霜問題はなくなるようですが、今度は本体価格が高騰するという別の課題が姿を現します。

 また、小さい冷蔵庫は”自炊”する場合はスペースが足りなくなるという情報があるほか、大きい冷蔵庫に比べて電気代が高くなるということ、小さい庫内にギュウギュウ詰めで冷やすと冷却機能が発揮できないといったことも挙げられていて断念することにしました。

 小さい冷蔵庫の問題をまとめると、、、。

  • 霜がつく
  • 自炊(作り置き)するなら250L以上は必要
  • 大きい冷蔵庫に比べ電気代が高い
  • 食品を詰め込み冷却機能が低下する

 といった感じでしょうか、唯一メリットと呼べそうなのは電子レンジを天面に設置できるよう設計されているということでしょうか。いずれにしても、今回は料理にチャレンジしようとしているため小さい冷蔵庫を買うことはできません。

250L~300Lの冷蔵庫を探すけれど。

 それではと250L~300Lの冷蔵庫を探したところ、高額または海外製というWカウンターをいただきました。

 つまりは350Lで約7万円にて購入できる『SJ-WA35B-S』は、ほぼ1択という状態だったわけであります。

『SJ-WA35B-S』到着!設置レビュー

 そんなこんなで『SJ-WA35B-S』を購入、到着しました。

IMG_3141

 デ、デカイ!!

 1人で移動できるのか不安になりましたが底面にあるカバーを外すと車輪がでてきて簡単に運べるとのこと。

冷蔵室を見る

IMG_3135

 広々~、本当に使い切れるのでしょうか、、、。

冷凍室を見る

 次は中央に位置する冷凍室を開きました。

IMG_3136

 程よい深さがあり魚や肉を冷凍しておくには十分なスペースです。作り置きをして調理回数を減らしたいので活用できるようレシピを集めなければと思いを新たにしました。

IMG_3137

 冷凍室の上段はスライドすることでアクセスできるようになります。左側は氷を入れておくスペース、低価格のため自動で氷は作ってくれません。

野菜室を見る

IMG_3138

 最後は野菜室、スライドするスペースは最初から一緒に出てくるようになっています。

SJ-WA35B-Sの使い道

 『SJ-WA35B-S』は350Lという1人暮らしには少し大きい容量ですが、作り置きと冷却効率を考えると詰め込みすぎることはないだろうという程よいサイズなのかもしれません。

 冷凍室が大きく確保されているので有効に使いたいですね。

購入したシャープ 350L 3ドア冷蔵庫(シルバー系)SHARP どっちもドア SJ-WA35B-S

シャープ 350L 3ドア冷蔵庫(シルバー系)SHARP どっちもドア SJ-WA35B-S

シャープ 350L 3ドア冷蔵庫(シルバー系)SHARP どっちもドア SJ-WA35B-S
シャープ(SHARP)
価格: 72,300円

 レビュー8件(2016/03/05現在)

 



 - 購入レビュー